Char - New Album -「Rock十」(ロック・プラス)
MENU
Char - New Album -「Rock十」(ロック・プラス) 十二支のアーティストによるオリジナル書き下ろしアルバム

Char、竹中尚人が、今年6月16日、60回目の誕生日を迎える。還暦だ。はじめてギターを手にしてから約半世紀、正式デビューから約40年。この間、さまざまなバンドやレコーディングに取り組み、数多くの伝説を残してきた、文字どおり日本を代表するアーティストが、その大きな転換点を前に、今、新たなプロジェクトに取り組んでいる。幅広い世代の12人の大物アーティストと向きあう形で完成を目指す、アニヴァーサリー・アルバムの制作だ。5月22日の発売が予定されているそのアルバムのタイトルは『ROCK十』。つまり、『ロック・プラス』。いろいろと深読みのできるタイトルだが、ちょっと肩の力を抜いてみると、『六十』と読めたりもする。

もっと読む

ギタリスト、ソングライター、ヴォーカリストとしての、その長い活動をつうじてCharは、何度か、周囲の人たちから距離を置き、自らを見つめ直すことがあったという。だが、ともかく、音楽=ロックの中心人物の一人として歩みつづけ、間もなく満60年となるその人生は、干支一回り12年の繰り返しだとみることもできるだろう。英語圏ではDecade(10年)という区切りが一般的だが、Dozen(12個)という概念もあり、12はまた、音階やギターのフレットともつながる、重要な数字だ。

アルバム『ROCK十』は、その干支や12という数字をキーワードにつくり上げられていく。具体的には、Charがこれまでに関わってきたアーティストのなかから、それぞれの干支に一人という条件で12人を選び、曲づくりを依頼する。その際、内容に関するリクエストや相談は基本的になし。そして、詞・曲はもちろん、アレンジやサウンドの方向性、録音スタイル、スタジオ選びなど、プロデュース全般も、彼らに委ねる。

極端ないい方をすると、「手のひらの上で」ということだが、そこで重要な鍵となるのは、「数えきれないほどの音楽仲間のなかから誰を選び、依頼するか」だろう。実際、Charは、意外性を含めて、今後の活動に向けて新たな要素をプラスしてくれるアーティストに徹底してこだわったという。難しい作業であったに違いないが、その顔ぶれからは、「いったいどんなものを?」という楽しさや期待のようなものも伝わってくるはずだ。

6月15日には、『ROCK十』収録曲を中心にした記念コンサートも日本武道館で行なわれる。

(大友 博/文)

十二支のアーティスト紹介

  • 泉谷しげる子=1948年生まれ

    デビュー前、フォーク系の人たちのバックをやっていたときに出会った人の一人。どこかで「フォークなんて」と思っていましたが、彼の8ビートのカッティングは素晴らしく独特で、驚きました。キース・リチャーズより凄いかもしれない、ロック少年だったんだな、と。歌詞に関しても「こんなの書いていいのか」と思わせるものが多いし、そういうスピリットみたいなものを俺のロックにプラスしてほしいと思っています。

  • 佐橋佳幸丑=1961年生まれ

    UGUISSでデビューしたころ(83年)に出会っています。広い意味での地元仲間で、共通の知人や友人も多い。スタジオ・ミュージシャン、プロデューサーとしても長く仕事をつづけて、厚い信頼を得てきたのは凄いことだと思います。時代に追いついてきたということもあるけれど、本物だということでしょう。数年前、彼と根本要(STARDUST REVUE)のアコースティック・プロジェクトにゲスト参加することがあり、そこではじめて、本格的に共演。俺の音楽をよく知っていて、「そこをそんなふうに弾くか?」とか、驚かされました。

  • 布袋寅泰寅=1962年生まれ

    BOØWYで出てきたころ、ある野外フェスで一緒になりました。そのとき、俺たちの楽屋テントに氷室京介君と「一緒に写真撮ってください」って入ってきたのが、初対面。ライヴを観たら、いいバンドで、布袋君はギターを持っている立ち姿がじつにサマになっていた。それがきっかけで、彼のレコーディングに協力したり、ブライアン・セッツァーと3人でコンサートをやったり、いろいろな形で交流をつづけてきました。最初は、シャープなカッティングがカッコいいと思ったけれど、今はもう、完璧なリード・ギタリスト。ジェフ・ベックみたいに、隠れて練習しているんじゃないかな。

  • ムッシュかまやつ卯=1939年生まれ

    SMOKY MEDICINE時代に高く評価していただいた先輩の一人。雑誌でも書いてくれたし、ライヴのあと、声をかけてもらったこともあります。ザ・スパイダースのころから、ソングライターとしても強い存在感を放っていた人ですから、そうやって評価されたことで、今につながる自信を与えられました。数年前、ある企画などで一緒にプレイするようになって、そのギター・プレイには「目からウロコ」。「そういうふうに弾いていいのか!」とか。ジャズを含めて、とても懐の深い音楽性を持っていて、しかも気持ちは若い。俺のロックに間違いなくなにかをプラスしてくれる人で、彼とのセッションが、このプロジェクトの原点だったといえます。

  • 石田長生辰=1952年生まれ

    17か18のころ、ライヴを観て、「関西のバンドって、ほんとにステップ踏みながら演奏するんだ!」と思ったのが最初の印象。その後、山岸潤史が関西から下北沢に移ってきたこともあって、交流がスタートしました。じつは、いろいろな人に曲を書いているソングライターで、ユーミンのように物語をつくり上げることができる人です。

  • 奥田民生巳=1965年生まれ

    民生君は、ここ10年ほど、公私にわたっていろいろと遊んできたミュージシャンの一人。ユニコーンのころから、同世代の連中とはどこか違うなと思っていましたが、年齢差とか関係なく、間違いなく、面白がれるものを、自分でしっかりと持っているタイプ。TRADROCKでは、The B(ビートルズ編)の選曲という形でも協力してもらいました。

  • 松任谷由実午=1954年生まれ

    デビューしたころに出会っていて、JLC(JOHNNY, LOUIS & CHAR)のライヴなどを観にきてくれたこともあります。年齢もほぼ一緒だし、じつはそれ以前から、あるバンドの追っかけをしているのを知っていて、野音で見かけたりもしています。振り返ってみると、若いころ、周りの女の子たちはみんな彼女のファンでした。今回のプロジェクトに関しては、彼女らしい、物語をつくり上げることができる女性の視点・観点で書いた曲を期待しています。

  • 佐藤タイジ未=1967年生まれ

    シアターブルックのメンバーとしてデビューしたころ、俺はまだライヴを観ていなかったけれど、いろんな人たちから「面白いヤツが出てきた」といわれました。ロック然としているというのかな。それから少しずつ、一緒にやったりするようになって、THE SOLAR BUDOKANや中津川(中津川THE SOLAR BUDOKAN)にも出ています。ああいうイベントをやり遂げるには、ものすごい覚悟が必要だったはずだし、そういう部分をプラスしてくれるんじゃないかと思っています。

  • JESSE申=1980年生まれ

    ミュージシャンとして育てた覚えはないし、教えたこともないけれど、やはり息子は、自分がプロデュースした最高のものでもあります。その彼にプロデュースしてもらうタイミングとして、還暦はいちばんふさわしく、意味のあることだと思いました。若い世代の代表として依頼した部分もあるけれど、30代になって、やっと同じステージで一緒になにかをやれるようになったのかな、とも感じています。

  • 福山雅治酉=1969年生まれ

    デビュー直後のころ、事務所の人を通じて曲づくりを頼まれました。知らない人の曲は書けないし、どれくらいギターが弾けるのかも知りたかったので、ぼんやりとした輪郭だけはできていた曲を持って、スタジオに行き、結果的には、二人の共作として仕上げています。タイトルは「今このひとときが遠い夢のように」(1995年)。その最初の出会いのとき、「俺より大人だな」と思いました。

  • 宮藤官九郎戌=1970年生まれ

    数年前、グループ魂の事務所の人から、「チャーのフェンダーをダーってやりてえ」という歌詞の曲を出すけどいいですか、という打診がありました。聴いてみたら面白くて、それから交流がはじまっています。子供のころはクレージーキャッツが好きだったし、音楽とコント、パロディには興味があって、真剣に音楽に取り組んでいるようには見えても、じつはそういう一面も俺にはあります。音楽中心ではない人たちだからこそのエネルギーとか、こだわりのようなものをプラスしてもらいたい。そんなことを思っています。

  • 山崎まさよし亥=1971年生まれ

    神戸のライヴ・ハウスに出たとき、デビュー前の彼が、たまたま前座に。アコースティック・ギターで「迷信」を、しかも元キーより1音高くやっていて、驚かされました。なぜこれだけ年の離れたヤツがスティーヴィー(ワンダー)なのか? なぜ生ギターでやるのか? そんな感じでびっくりとして、ともかく友だちになったほうがいいと思い、交流がはじまりました。近年は、奥田君との三人の侍というユニットも。年齢に関係なく、12人のなかでいちばんブルースをルーツに持っている男かもしれません。石田長生の世代とはまた違う洗練されたブラック・ミュージック・テイストというか、そういうものを期待して、依頼しました。